建物解体の株式会社光和

名古屋・愛知・岐阜・三重の解体工事はお任せください

解体工事の流れ

解体工事の流れ

STEP1 お問合せ

お電話、メール、FAXにてお問い合わせください。
調査にお立会いができない場合は、あらかじめ解体するものと残すものをご連絡ください。

STEP2 現地調査

調査には30分~45分程度のお時間がかかります。
解体範囲と残すものをご指示ください。
生活廃材(木製品以外)の量が不明瞭な場合は、着工前に再度お見積りさせて頂きます。
・養生範囲の確認
・解体後の用途の確認
・井戸・浄化槽の有・無の確認
謄本がございましたら、ご提示くださいませ。

また、決まったご予算、相見積価格があれば相談ください。

STEP3 お見積り

現地調査後、ご希望であれば24時間以内にご提示致します。
お見積り有効期間は1か月となります。

STEP4 工事日の決定

ご契約の際は営業担当にご連絡ください。
注文書を送付致しますので、ご署名・捺印の上、ご返送ください。

STEP5 

リサイクル法届出は、建物総床面積80㎡(25坪)以上の建物が対象です。
リサイクル法の書類2部を注文書と同封させていただきます。
ご署名、捺印していただき注文書と合わせて計3部の書類をご返送ください。
事前アンケートにご協力して頂いた方は、リサイクル法届出書申請料を無料とさせていただきます。
(お見積書は値引後の金額です)

STEP6 注文請書

注文書の到着が弊社で確認できましたら、控え(注文請書)をご用意いたします。
工事着工前に手渡し、または郵送致します。

STEP7 ライフライン撤去

【電線の撤去】
弊社より中部電力へ撤去工事の連絡をいたします。
ご自身で依頼される場合は、建物解体する旨を必ずお伝えください。

【水道の閉栓】
役所あるいは水道局に閉栓する旨ご連絡願います。メーターの撤去はしないでください。
解体工事の際の開栓手続きは弊社にて連絡いたします。

【ガス管の切断】
都市ガスの場合は、ガス管を道路に一番近い箇所で切断する必要があります。
ガス切断業者の見積調査の際に、お客様のお立会が必要になります。
手続きは弊社で実施することも可能です。
ガス切断工事立会見積りの希望日を、着工前15日以内で指定しご連絡ください。
LPガス(プロパンガス)の際は着工前日までに回収手続きをしてください。

SETP8 ご近隣へのご挨拶

工事着工前のご挨拶・案内を無料でさせていただきます。
工事案内状と粗品のタオルをご用意いたします。
基本的には、お客様に同行させていただきます。万が一ご都合が悪い場合は弊社営業担当者のみでいたします。
家屋解体工事は、埃や振動・騒音が必ず発生してしまうものですから、
ご近隣様には、着工前にご理解・ご協力していただくことでトラブル発生の未然防止のため、必ずご挨拶を実施させていただきます。
また、重機の稼働日程や工程表が必要な際はご連絡くださいませ。

STEP9 着工最終打ち合わせ

生活廃材追加や、解体箇所の追加があれば再度お見積りいたします。
着工前に解体箇所、残す箇所の最終確認をさせていただきます。当日でも結構です。
作業開始後は危険ですので工事範囲の関係者以外の立入を禁じさせて頂きます。
必要なものはすべて、着工前日までに搬出してください。

STEP10 着工

万が一、クレームがあった場合は弊社が責任を持って対応いたします。
地中埋設物があった際は、別途お見積りさせていただきます。
工事日程の変更がある場合は、事前にご連絡させていただきます。

STEP11 工事完了予定のご連絡

工事完了予定日を完了の1~3日前後にご連絡させていただきます。

STEP12 工事完了お立ち会い

工事完了時のご確認を重機搬出前にして頂きます。
工事完了の日時は多少前後致しますので、ご了承願います。(地中埋設物量の関係)
万が一、お立会いできない場合は必ず営業担当までご連絡くださいませ。

STEP13 竣工

工事完了後一週間以内に、重機搬出と御近隣様挨拶をさせていただき、竣工となります。

STEP14 お支払い

工事完了確認後に請求書を手渡しまたは、郵送致します。
見積書と相違なきことをご確認の上、工事完了後1週間以内に請求書記載の指定口座にお振込みください。
なお、不動産を売却される場合の残金決済時に解体工事費決済のご希望があればご相談下さい。

STEP15 滅失証明書等のお届け

解体後に、建物滅失証明書を法務局へ提出する必要があります。
ご入金確認ができましたら、弊社より滅失証明書・印鑑証明書・建設業許可証の写しの3点を郵送致します。
滅失証明書に謄本通りにご記入いただき、必要書類を法務局に提出してください。